小僧寿し 店舗の特徴 お得なクーポンや割引情報!




小僧寿しの特徴について

株式会社小僧寿しは、持ち帰り寿し店を展開する日本の株式会社で、イメージキャラクターは鉢巻太助(はちまきたすけ)。
小僧寿しの名で展開する持ち帰り寿司の店舗は現在約450店。
他の業態に、立ち食い寿司の鉢巻太助、子会社の茶月東日本が運営する茶月、ラーメン店麺屋黒琥(めんやくろこ)(麺や小僧からのリニューアル)があります。
小僧寿しとは、1964年に出来た「スーパー寿司・鮨枡」が前身になっていて1968年にフランチャイズ化をしたと同時に現在の名称に変更されました。
1980年代に日本各地に店舗をもうけ、直営店とフランチャイズ店を合わせると計2000店舗にのぼり海外にも進出しました。
しかし2000年初頭には経営悪化が著しく、赤字脱却のために1000店舗を閉鎖して現在はラーメン店「麺や小僧」に業態転換を行っています。
小僧寿しのフランチャイズ店では、本部から定められた寿司のほかに各店舗オリジナルのメニュー開発を積極的に推し進めています。
その為、店舗同士が近い場所にあっても取り扱っている商品が違うことで差別化をはかり各店舗の売り上げを維持している特徴があります。
地域色の濃いメニューから店長オリジナルの寿司などバラエティに富んだものが用意され、幅広い年代に支持される寿司店です。

店舗情報

小僧寿しは持ち帰り専門の寿司店で、2017年現在全国12ヶ所に計62店舗あります。
2000年初頭の経営悪化時に各店舗の独自性改革が行なわれ、特徴ある店舗が次々に登場しました。
青森県弘前市の城東高田店では、コンビニエンスストアのミニストップが併設されていて営業時間は朝9時から夜23時までと全国の小僧寿しの中では最も営業時間が長い店舗になります。
お店で取り扱っている寿司メニューは計15種類が各店舗共通した握り寿司として一般的なものですが、それ以外は各店舗オリジナル商品が用意されています。
神戸市にある山手通り店で取り扱っているオリジナルメニューに、神戸牛のちらし寿司というものがあり厳選された素材と店で作られたタレが絶品として数多くのメディアに取り上げられたほどです。
その他にも地域色が濃いオリジナルメニューが各店舗で用意されています。

お得なクーポンや割引情報

小僧寿しが運営する公式アプリケーションで、全国に243店舗のコズシが開発中で、待っていないまま寿司を受け取る機能を備えています。 独自の割引クーポンを利用できる配信機能、取引情報を受信できるプッシュ通知機能などがあります。
スタミナフェアー
期間:6月30日(土)~7月1日(日)・7月7日(土)~8日(日)
夏本番が始まる時期、今からスタミナを蓄えましょう!
スタミナ食材と言えばうなぎ・牛肉、これらをたっぷり使用し、これからやってくる暑い夏に備えましょう!
ちょっと食べれるように、うなぎ巻と牛肉巻もご用意しましたので、こちらもプラスワン商品としていかがでしょうか。
小僧スシポンで小僧寿しのご利用がぐーん、とオトクに!!
小僧スシポンは、小僧寿しのケータイクーポンサイトです。
メールマガジンにご登録いただくと、毎週会員のみなさまにだけのオトクな情報やクーポンが届きます!
入会時にはすぐに使える10%割引クーポンも付きますから、ぜひ小僧寿しでのお買い物の前に、小僧スシポンのご登録ください。
※小僧スシポンが利用できない店舗もありますのでご注意ください。

店舗の営業時間

営業時間は土日祝日は平日10:00〜21:00、平日の営業時間は10:30〜21:00ですが、営業時間が一時的に変わることがありますので、 URL、お店に行くようにお願いします。
フェアーは土曜日に始まることが多いので、土曜日に確認することをお勧めします。
ジブリ寿司は1980年代に売られ、当時はCMの話題となり、1日に約230万円を売り上げた伝説の寿司であり、白い野蛮な外観のように見えますが、食べると中から具がそのまた下からも五目御飯が意外性が楽しく、またとても美味しい逸品となっています。
今回は、大人の夏のパックプラスピクルスと香辛料の大人の夏に特化した商品として販売していました。ニューは毎年苦節ごとに変わるので、もう一度食べたいと思えば、季節を覚えておいて、その季節が来たら検索しましょう。

小僧寿し