パン屋のリトルマーメイドの特徴や店舗情報まとめ




パン屋の【リトルマーメイド】について特徴

お店の名前は、童話『人魚姫』にちなんで『リトルマーメイド』。歴史は古く、1972年に最初の店が生まれました。その時代、まだ新鮮なパン屋は珍しかったしので、焼きたてのパンは評判の良さに焼きたてパンのサークルは全国に広がった。英国のパンやクルミのパンや特別なデンマークのお菓子など、多くのヒット商品も生まれました。リトル・マーメイドは誰にも気軽に立ち寄ろうと努力しており、毎日おいしいパンを買うことのできるパン屋を目指しています。
株式会社タカキベーカリーは、広島県広島市安芸区中野東に本社を置く製パン会社です。株式会社タカキベーカリーは、広島県広島市安芸区中野東に本社を置く製パン会社です。
一般にはタカキ・タカキのパンで知られていて、アンデルセングループとして、全国にアンデルセン、リトルマーメイドを展開していいます。
2003年4月に持株会社制に移行し、持株会社のアンデルセン・パン生活文化研究所と、子会社のアンデルセン、マーメイドベーカリーパートナーズ、タカキベーカリー、アンデルセンサービスに再編しました。
このパン屋は、オリジナルのパンを作っているところが特徴的です。
特に看板メニューであるカレーパンは、実際に市販されているカレーのルウを使用しているので、馴染みのある味が特徴的です。
他には、毎月おすすめのパンを作っており、公式サイトに掲載されています。
定番のドーナツやトーストだけでなく、様々なアイデアや工夫によってパンが作られているので、一般的なお店に飽きてきた方におすすめできます。
また、乳製品や卵が使用されていないパンもあるので、アレルギーなどによって摂取することができない方でも安心です。
一緒に食べることができるスープやコーヒーなども販売されています。
店舗は全国各地に点在していますが、作り方のレシピは共通なので、いつも同じ味を味わうことができる上に品質管理も徹底しているので安心して食べることができます。

店舗情報

店舗は全国各地にあり、拠点がない地域も存在していますが、北海道から九州まで店舗はあります。
パンのレシピは共通で、パン職人はしっかり研修を受けているので、衛生管理や製法などが統一されているのです。
店舗によっては駐車場がなかったり、店舗内で食べることができないことがあるので、事前に公式サイトで調べておくことが重要です。
また、店舗のメールマガジンなども配布しており、お得なクーポン券もこちらから利用することが出来ます。
毎月15日は、600円以上パンを買うとオリジナルのプレートやグラス、コーヒーやスープなどがプレゼントされるなどのイベントが実施されています。
このプレゼント企画は3ヶ月毎に変わるので、よく調べておくと好みのものが手に入ります。
どの店舗も基本的に開店直後に行くと出来たてのパンを購入することが出来ます。
シンプルだからどんな食材にもよくあうし、毎朝でも飽きが来ない。
そんな白いごはんのようなパンです。
今月のPick Up!
イギリスパンで作る 「マンゴーバタートースト」
とろとろのマンゴーとバターの、濃厚な味をお楽しみください♪
パンにのせて焼くだけなので、忙しい朝にもぴったり!
マンゴーはつぶしてジャムのようにしてもグッド!
リトルマーメイドのメールマガジン
毎月1日に新商品をご案内します。
毎月14日に「リトルマーメイドの日」をお知らせ。当月のいい朝!プレゼントをご案内します。
メールマガジンはスマートフォン・タブレットでご登録ください。

店舗の営業時間

リトルマーメードでは、各店舗営業時間が異なります。次のURLから入手できる店舗情報を確認してから店に行くと、キャンペーン情報やお得な情報を知ることができます 店舗によっては、店舗限定メニューも知ることができます。

リトルマーメイド